携帯ショップの求人を探す時の注意点

機種変更などで携帯ショップに行くと、店員さんがプランや機種の使い方などを丁寧に教えてくれます。ここでアルバイトをしてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか?実際に店舗のアルバイトは頻繁に募集がかけられています。派遣社員の形態が多いことも特徴で、スタッフの多くは好待遇を求めて販売スキルや知識をつけ、日々の仕事に取り組んでいます。以前はプランについても各社同じような内容、料金でした。機能についても電話とメール、キャリア独自のインターネットブラウザのみでしたが、スマートフォンの普及後は求められる知識のレベルが上昇しています。販売や接客が得意という条件の他に、携帯電話の技術革新についていく頭脳と姿勢が求められています。求人を探すときも、安定した仕事を続けるためには注意が必要です。

歩合制の営業職のイメージを持つべき

派遣社員として働くショップスタッフの中では、平日は人気がありません。忙しくないのに不人気?と思いがちですが、スタッフにとって売上を上げることは非常に大事な問題です。お客さんの少ない平日にシフトに入っても、月の売上高を上げる機会が少ないと考えられているのです。ショップスタッフには大きく分けて2種類あり、販売店に直雇用されるスタッフと、販売のスペシャリストとして派遣されるスタッフがあります。時給については派遣の方が大幅に高くなりますが、毎月のノルマを求められ、数カ月未達成が続くと次回の契約を結んで貰えない可能性が高まります。反面、売上をあげることができれば1日8時間・週5回の勤務で30万円を超える給料を稼ぐことも不可能ではありません。販売のプロであることが求められます。

求める給与体制に合った求人を選びましょう

携帯電話ショップでの勤務は、販売に自信があり、とにかく稼ぎたいか、時給は低くても安定性を求めたいかで判断が異なります。求人の絶対数としては圧倒的に派遣社員の方が多いので、早く働き始めたいという方は自ずと派遣社員の形を選ぶことが多いです。携帯電話は普段使っているものであり、プランについてもwebで公開されています。仕事に必要な知識を付けやすい商材と言えるでしょう。できれば勤務開始の段階で基本的なプランや、このようなお客さんにはこのような機種やプランを薦めるというところまで考えておくのが望ましいです。面接の際にはノルマの存在や、売上がどのように給料に反映されるのかを確かめておくのが良いでしょう。派遣社員の場合、多くの現場では、お客さんの取り合いが発生する厳しい世界になりますが、実力が正しく給料に跳ね返る仕事です。